ヘアカラーをする際の注意点

今回は私自身が過去に美容院や市販のカラー剤を使って
ヘアカラーをした際の実体験と失敗・注意点を書きます。

ブリーチをすることで髪の色が抜けて金髪になるんだと、
それだけの知識で市販のブリーチを使うのは間違いです。

ブリーチをしたら髪の色が抜けるというのは正解ですが、
黒染めをした後のブリーチでは、金髪にはなりません。

髪を染めた経験がある方ならわかっていそうなのですが、
意外と知らない人の方が多いのではないかと思います。

ブリーチ後は金髪になると思ってる方が多いと思います。

ですが、一度でも黒のカラー剤を使って染めてしまうと、
何度もブリーチを繰り返しても赤みがずっと残ります。

その赤みを消そうとまたブリーチを繰り返してしまうと、
またそれよりも明るい赤みが出て悲惨な髪色になります。

なので、もし黒にしたいけど次は明るい色にしたいなら、
暗めの色の中でも最も黒に近いにするのがおすすめです。

ブリーチの使い方や黒髪後に赤みがでるのを知らないと
アッシュ系のグレージュやピンク・グレー・赤・ベージュ
グラデーションのヘアカラーにする際にとても大変です。

酷い場合はその時の髪を切るなどして全部なくなるまで
新しいヘアカラーに挑戦できなくなる可能性もあります。

最後にセルフで染める際コツとして、泡はお勧めしません。

ロレアル・サイオスなどの液体のカラー剤を使った方が
髪に色が入りやすくて、まだらにもなりにくかったです。

春になってヘアカラーをする際に失敗をせず
綺麗な春カラーになるように、参考になればと思います。

コメントを残す